lwp_logo.jpg
LwP asakusaのこれから。
こんばんは、imariです。
今日は月齢2.5さい。
月明かりが少ないせいか、星が余計に輝いてみえて綺麗です。
さっき、オフィスメンバーのしげちゃんと
ご飯を食べに外にでた帰りに、隅田公園でスカイツリーと星をながめました。


先日、タイトルに「LwPのこれから」なんて書いたものの
それには特に触れていない内容でした。
今日は改めて、そういうことを考えながら書く事にします。
長くなりそうですし、ちょっと確認作業的に、
あまりまとまらないかもしれませんが。

私は昔から、考えをひとまず文章にして整理する性質があります。
以下、ひとりごとのように綴ります。



LwPを改装したのが、2010年7月でした。
2010年の10月に、正式に1階をイベントスペースとしてオープン。
その頃は2階に住んでいました。
翌年2011年2月に引越をして、2階をシェアオフィスとしての準備&募集をはじめました。
そして、3月。
予期せぬ地震によって14日の予定を延期して、
21日に1階をカフェとして再オープンしました。
実はちょうど今で1年なんですね。
4月よりオフィスメンバーが入り、イベントも毎月1〜2回のペース。
4月の終わりには、ボランティアお掃除のグリーンバードも開始しました。
LwPは余震に怯えながらも、フル稼働しておりました。

主に私目線の話になってしまいますが、
1階のカフェは1つのテーブルでお客さんとじっくり話をするという
ちょっとカフェらしからぬスタイルで
私は私にとっての1階の「あるべき姿」みたいなものを探していました。

7月までの間に、営業の時間など少しずつ変えたり、
カフェの時間にイベントをやってみたり、
いろんなことを試してみました。
結果的に、5ヶ月間の限定オープンになってしまいました。

それから今まで、ずっと、正確に言えばオープンからずっと、
ここLwPがどんな場所であるべきか試しながら模索し続けています。


イベントやカフェをやってきた中で、周囲の人達とすこしずつ関わりと繋がりができました。
そのことによって私たちの意識もすこしずつ変わってきました。

中でも大きかったのは、アサヒアートスクエアさんとの「浅草ジャンクション」でしょうか。
それまでは、LwPの頑張って30人入るか入らないかのスペースでのジャンクションで、
内容も、私たちが興味のある方々をエリア問わずお呼びして、
来てくれるお客さんも多くが西側エリアの方でした。

アサヒアートスクエアでの浅草ジャンクションは、出演者を東東京の隅田川界隈に絞り、
その結果来て下さる方も一気にご近所さんが増えました。

それ以降、浅草ジャンクションでLwPを知って訪れてくれる人が増えたり
街で会って挨拶をする人が増えたり
そういうちょっとしたことが「この場所で活動している感」を与えてくれました。

グリーンバードも回数を重ね、どのあたりにゴミが多いかもわかってきました。
固定メンバーも増えてきました。

昨年10月には浅草の少し北に引越しました。
美味しいお店を探して自転車で巡り、
買い物しやすいスーパーを探しました。


私たちはまだ浅草のお祭りを知らないし、商店街のコミュニティも知りません。
「三代目でようやく神輿を担げる」と言われるようなディープな街ですから
とてもまだまだ街の一員にはなれそうにありません。

それでも、同年代や、同じように新しくこの界隈で活動をはじめた人達のコミュニティには
参加できているような気がします。


そういう今、LwPが次に目指すのは・・・

この界隈の情報を集めて提供できる場所、
人と情報、人と人が出会う場所。

本音は、「情報」や「インフォメーションセンター」という言葉は、
なんだかとっても客観的すぎて好きになれません。
生の、一番貴重な”情報”は、ほんとうは飲み屋のカウンターとか
カフェのソファとか、クラブのダンスホールとか、
そういうところで井戸端会議的にやりとりされるものだと思っています。
「情報」という言葉でくくって、モノのように扱っても面白くないです。

でも、最近わかったことは、そういう”情報”が生まれるステキな場所は
この界隈に、沢山ではないにしても、いくつかあります。
私たちは、それらのステキな”情報”をできるだけ新鮮な状態で聴き取って
わかりやすいカタチに並べて伝えることが必要なのではないかと
思うようになってきました。

もう少し別の言葉で言うなら、「浅草ジャンクション」を日常的に観れる場所、です。

まどろっこしい言い方ですが、汲み取ってもらえると嬉しいです。

もっとパキっと言ってしまえば
「私たちはこの隅田川界隈の新しいメディアとインフォメーションセンターをつくります」
という言い方になりますが、
うーん、
それじゃあちょっとねえ?

言葉のニュアンスって、とても微妙です。



ま、そんなこんなで。
ながくなりまして、スミマセン。



imari.









つれづれ


より大きな地図で LwPasakusa を表示