lwp_logo.jpg
【全ゲスト確定!】11/30(土)開催!『台東スタディーズ2・ファイナル』〜台東区のこれからを面白くする人たちが集う1DAY・PARTY〜【参加者募集】
JUGEMテーマ:イベント情報
 
8/21(水)9/18(水)10/16(水)と3度開催してきた台東スタディーズ2【ブレスト編】が終了!
いよいよ11/30(土)に【台東スタディーズ2・ファイナル】を開催します。

本当にたくさんの方々の情報(約40組!)が、ブレスト編を通じ集まったのですが、
この【台東スタディーズ2・ファイナル】ではその中から珠玉の8組に会場にお越しいただきます!そしてトークとパフォーマンスを行っていただきます。

8組のみなさん、本当に素敵な方ばかり。
台東区でこんな人達が活動しているのかと、知れば知る程、嬉しくなるばかりです。


以下、詳細!
ぜひお友達・ご家族お誘いの上、遊びにいらしてください。


*この写真は昨年の台東スタディーズのファイナルイベント@東京キネマ倶楽部の様子です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
『台東スタディーズ2・ファイナル』
 
ー台東区のこれからを面白くする人たちが集う1DAY・PARTYー
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□日時:11月30日(土)14時から21時半

□会場:reboot(台東区下谷1-11-15 2階、LwP iriyaアトリエから名前を変更予定)
http://goo.gl/maps/uawF3

□最寄り駅地下鉄 日比谷線 入谷駅徒歩1分、JR山手線 鴬谷駅徒歩5分

■ゲスト(敬称略・順不同):

○松村 純也(旅ベーグル) http://www.tabibagel.net/
台東区谷中のベーグル専門店「旅ベーグル」店主。同時に出版ユニット「TABI BOOKS」主宰として、ローカルな視点に根ざし、その素朴な日常にあたたかな光を当てる作品をリリースしている。

○矢嶋 桃子(谷中ベビマム安心ネット)http://yanakababymom.com/
地域密着型子育て支援活動のほか、谷中のヒマラヤ杉(ミカドパンそば)の守る活動などもされています。赤ちゃんを背負いながらフットワーク軽く何でもこなすその姿はスーパーお母さん。とてもパワフル&センスよく、素敵なイベントやプロジェクトをプロデュースされています。あの動き方、タダ者ではありません。(今村談/後日正式なプロフィールを掲載します)

○稲葉 大明(FUNDAMENT)http://www.fundament.jp/
蔵前のタイガービルに拠点を構えるアートディレクター。デザイン性だけでなくユニークな発想や企画を広告やコミュニケーションに取り込みアートディレクターにとどまらない役割を担っています。実際の制作された映像やプロモーションを見たら、「クスっ」「ふふっ」とせずにはいられないほどエスプリがきいています。こんな素敵な方が台東区にいるなんて!と嬉しくなる方に出会えました。(今村談/後日正式なプロフィールを掲載します)

○廣沢 哲(なってるハウス)http://members.jcom.home.ne.jp/knuttelhouse/
アパートの部屋のそこかしこで楽器を練習する音が聞こえる。
夜になると、どこかの部屋でセッションがはじまる。
これは尺八奏者としても活動している杉沼オーナーがNY在住中、 同じアパートに住んでいた某有名ミュージシャンから聞いたデビュ ー前の生活の話です。「なってるハウス」は日本でも同じように「 ミュージシャンが集まり切磋琢磨する場所」を目指して「 楽器練習の出来るシュアハウス」 として2000年6月より営業しています。
わたくし(廣澤) は2001年より1Fのライブハウス店長として就任、 2005年ごろからシュアハウス部の管理も任されています。
シェアハウスHP
http://www.shareknuttelhouse. jp/
ライブハウスHP
http://members.jcom.home.ne. jp/knuttelhouse/

○権頭真由 佐藤公哉 園田空也(表現(Hyogen)) http://sound.jp/hyogen/
(以下は表現(Hyogen)のホームページのプロフィールを引用しています)
4つの身体、4つの楽器による音楽の箱舟。
権頭真由 (acc/vo)、佐藤公哉 (vn/vo)、古川麦 (gt/vo)、園田空也 (cb/vo)

2005年東京藝術大学に発足。即興演奏を下敷きとした作曲を特色とし、「未知の故郷が見える」と賞される音楽性でライヴハウス、ホールはもとより美術館、ギャラリー、寺社、教会、古民家、古書店、野外など多彩なスペースで演奏を行う。 人や空間と共鳴しながら音を紡ぐ力に定評があり、ダンス、建築、詩、写真、映像、花、演劇等とのコラボレーションも多い。 現在音楽の土壌、歌われる物語の舞台として架空/実在の島を描く『琥珀の島』を、美術、舞台芸術などの領域を含めたプロジェクトとして推進。 2012年秋に粟島アーティスト・イン・レジデンスの協力の元、香川県粟島の各所にてレコーディングを行い、アルバム『琥珀の島』を制作中。 2013年秋期の瀬戸内芸術祭に参加予定。

○田村 祐一(日の出湯・SAVE THE 銭湯) http://savethe1010.com/ http://hinodeyu.com/
1980年12月生まれの32歳。東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。大学卒業後、家業である有限会社日の 出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。2012年5月より創業の地である浅草日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。

○神田沙耶香(トートーニー) http://toe-to-knee.com/
1979年富山県生まれ。2000年 秋田公立美術工芸短期大学木材工芸コース卒業。 フィッティング販売をはじめ、製造、問屋、修理などの靴業界の各流通分野に携わる。2012年より靴型紙師 木越謙藏氏に師事。トートーニー【toe to knee】としてオリジナル革製品の製作開始。


■フードゲスト:

○東京マサラボーイズ
http://tokyomasalaboys.tumblr.com/

トーキョー・マサラボーイズは高木慎太郎と初見憲による週末だけのカレーユニットです。少人数のホームパーティーから各種イベントへのケータリングなどご都合に合わせて本格的なスパイス料理をご提供いたします。LwP asakusaに毎月第3土曜日に出店。


*この写真は昨年の台東スタディーズのファイナルイベント@東京キネマ倶楽部の様子です。


□入場料1000円(途中入退場OK、飲食代は別途)

□概要

上野、浅草をはじめとした台東区は観光地や下町として知られていますが、実はそれだけではありません。
台東区には新進気鋭のモノづくり、デザイナー、アーティスト、市民活動、お店などドキドキするようなアイデアを持つ人たちや、ユニークな活動がたくさん集まりつつあります。

「台東スタディーズ2」ではそういった活動を「見える化」することを目指し、8-10月の3度のイベントにおいてジャーナリストやデザイナーなど9組のゲストからなんと約40組(!)の情報が集まりました

その中から珠玉の8組にトークやパフォーマンスのゲストとして出演いただくイベントが、「台東スタディーズ2・ファイナル」です。ぜひ遊びにいらしていただき、台東区の持つクリエイティブパワーを肌で感じ、同じ場に居合わせた方同士が交流を深めていただける機会になれたらと思っています。

会場はLwP asakusa(るーぷあさくさ)やインストールの途中だビルを手掛けてきた、まちづくり会社ドラマチックが新しく立ち上げる、産業・街の再起動を目指す共同アトリエ“reboot”(リブート)です。

□タイムテーブル *当日の進行により前後する場合があります
14:00-14:20今回の台東スタディーズ2の振り返り(今村)
14:20-14:50ゲスト‥賃射完貉瓠SAVE THE 銭湯・日の出湯)
15:00-15:30ゲスト 廣沢哲氏(なってるハウス)
15:40-16:10ゲスト 矢嶋桃子氏(谷中ベビマム安心ネット)
16:10-17:30ティータイム(交流パーティー/ライブ:権頭真由 佐藤公哉 園田空也(from表現(Hyogen))
17:30-18:00ゲスト 稲葉大明氏(FUNDAMENT)
18:10-18:40ゲスト 松村純也氏(旅ベーグル)
18:50-19:20ゲスト 神田沙耶香氏(トートーニー)
19:30-21:30ディナータイム(交流パーティー

トークではゲスト6組がそれぞれの活動を各“15分”ほどでお話頂き、会場からの質問に受け答え頂きます。3組のトーク毎にティータイムやディナータイムで交流を深めるトークイベントとなっています。


◎協力(敬称略・順不同):

宮崎晃吉(建築家/HAGISO代表)、西田陽介(上野経済新聞 編集長)、林きょうこ(Coquette/SPEAK EAST!発起人)、徳永勝也(クラフトバンク代表 SHOES&BOOTS BRAND「Rolling dub trio」デザイナー)、加藤孝司(デザイン・ジャーナリスト)熊倉純子(東京藝術大学 教授)、鈴木淳(「台東デザイナーズビレッジ」村長/モノマチ発起人)、新田 あゆ子・まゆ子(菓子工房ルスルス)

○主催:まちづくり会社ドラマチック http://drmt.info
*平成25年度台東区芸術文化支援制度対象企画*

○問い合わせ:まちづくり会社ドラマチック
電話:090-9370-7804 FAX:03-6231-7612 hello☆drmt.info(☆を@に)(担当:今村)


◎お申し込み◎

下記フォームよりお申し込みください。フォームがご覧になれない方はお手数ですがメールにて下記内容を記載の上、ご連絡頂きます様お願いします。(メールアドレス:hello☆drmt.info ☆は@にしてください)

・ご記載内容:
-お名前
-メールアドレス
-参加者全員のお名前
-普段の活動(仕事、プロジェクト、趣味の活動など)を教えてください。



 
イベント予告


より大きな地図で LwPasakusa を表示