lwp_logo.jpg
あなたにありがとう。(LwP asakusa閉店のお知らせ、そしてネクストへ)
みなさん、こんにちは!
LwP asakusaです。

今日は皆さんにお知らせです!

2010年10月に開店したLwP asakusaは2014年2月末をもって「閉店」となり、
まちづくり会社ドラマチックは台東区下谷に新しくつくった共同アトリエ“reboot”へ引っ越します。
http://www.reboot-iriya.info/

ですので、LwP asakusaのお店を楽しんでいただけるのはこの2月のみとなってしまいました!
ぜひ、この機会にLwP asakusaへ遊びにいらしてください。

2月の日替りオーナーのお店のスケジュールは下記のとおりです。
・2/8(土)11:30−16:00 絵本ちゃんとクッキーちゃん with たまごはん(絵本カフェ)
https://www.facebook.com/events/1453391328210531/

・2/9(日)11:30−17:00 ”アクセサリーと美味しい時間展”(アクセサリー展示とカフェ)
http://mameco-accessory.sblo.jp/article/86593251.html

・2/16(日)12:00−17:00 東京マサラボーイズの浅草カリーラボ(オリジナルカレー店)
http://tokyomasalaboys.tumblr.com/

・2/22(土)11:00−16:00 hareruhi(ベーグルとお菓子のお店・カフェ)
https://www.facebook.com/Hareruhihareruhi?fref=ts


なお、引越しにともない、greenbird浅草(浅草そうじ)は活動休止となり、
最後のそうじは「2/22(土)10時から11時30分となります。(LwP asakusa1階へ集合)」


「LwP magazine編集部」や「浅草ものづくりフェスティバル“A-ROUND”」などLwP asakusaにとどまらない活動はそのまま継続していきます。

◎なお、LwP magazineは現在、ライター&カメラマンを募集中!
=>募集要項はこちら http://lwp-magazine.com/2014/ 01/22/writer_camera/



さて、事務的なご連絡はこれくらいにして、いまの気持ちを吐露します。

今でもLwPの2階で仕事をしているのですが、2月末で店を閉めるなんて想像できません。
8年間空き家だった場所を僕らが見出して、仲間50人と一緒に掃除をして出来た場所で思い入れが深いです。
(それにしても、当初は本当に汚くて、掃除したときのホコリの山、ヤニの匂い。大変でした。)

最初のお手伝いしてくれたみんな、本当にありがとう。
下のスライドは2010年7月から10月までの改修の様子をまとめたものです。
(オープンの2010年10月10日にこの資料をつかってどんな改修をしたか発表しました)


お店がオープン後、LwP asakusaを通じてたくさんの人と出会い、たくさんの挑戦もしました。
LwP asakusaで毎月開催したトークイベント「浅草ジャンクション」。テーマを決めて様々なゲストにご出演いただきました。
 
picnic

次第にアサヒ・アートスクエアさんに声かけしてもらい、2011年4月にアサヒ・アートスクエアにて「浅草ジャンクション in アサヒ・アートスクエア」を開催し、それから半年に1度のペースで「浅草ジャンクション in アサヒ・アートスクエア」(3回目から隅田川ジャンクションに名称変更)で開催させてもらいつつ、LwP asakusaでも「浅草ジャンクション」は継続して開催しました。

(浅草ジャンクション(隅田川ジャンクション)はテーマを決め、隅田川界隈・ヒガシ東京エリアで活躍するユニークな人材を6−8組ゲストにお声かけして活動を話してもらい、その後ゲストをまじえて交流するというイベントでした)

aas1


2011年に開催した「浅草ジャンクション」は完全に「サロン」になっていました。
たくさんのエリアのキーマンが、「はじめまして!」と出会い、どんどんつながっていく。
そんな場を目の前で見れたのはとても嬉しい経験でした。(2012年の台東スタディーズも同様)

12

おかげで、僕らもたくさんの友人や仲間が広域ヒガシ東京に増えました。
家からLwPに歩けば、知り合いに出会うし、イベントに行けば知り合いとご挨拶というくらい、街の人の顔が見えてきました。

人がたくさん集まるイベントもしたけれど、LwPでこじんまりと飲んだり、パーティーをしたりというのも楽しかった。
(冬は寒かったけど)

カフェやバーをして、来てくれるお客さんもありがたかった、

lwpPUB2

オフィスをシェアして、家族みたいになったメンバーとのやりとりも良かった、

office
 

浅草のそうじをみんなでする仲間もできたり、

思い思いのお店に挑戦する日替りオーナーのみなさんとの出会いも楽しかった。
tmb4

member

多数のメディア掲載もいただきました。
2
3メトロミニッツさんや、
  NIKKEI MAGAZINEさんとか、
miurasan
三浦さんの本の装丁にもしていただきました。

あとは、J-WAVEさんへの初の出演をしたのはLwP asakusaとしてでした。


そんな色々を実現し支えてくれたのはLwP asakusaだったので、
引っ越すので契約をやめると伝えた不動産屋さんにも、「やっぱ続けます」と何度も言いたくなりました。

けれど色々と冷静に考え、まりと一緒に相談した結果、やはり「これでいいんだ」ということになりました。


要は、そろそろ船出ということなんです。

2010年10月からLwPを立ち上げ、2011年から運営するドラマチックを法人化し、
様々な事業に取り組むうちに、僕らの得手不得手が見え、今後注力すべきところも見えてきました。
また、いろいろなタイミングも重なりました。子どもが生まれ、インストールの途中だビルがコミュニティとして成立し、シェアアトリエrebootがいよいよ始まる!などなど。

それらを考えると、僕らはLwP asakusaから手を引き、
次のステージへ進むべきというのが、結論でした。


そういうわけで、LwP asakusaは2月末で閉じ、3月からはrebootで今後の活動を始めていきます。

LwP asakusaの活動にあたってはたくさんの方々にご協力いただきました。

リノベーションを手伝ってくれたみなさん、
ゲスト出演をしてくれたみなさん、お客さんとして遊びに来てくれたみなさん、
一緒にコラボしてくれたみなさん、オフィスをシェアしてくれたみんな、などなど、

一人一人のあなたに、ありがとうございました。
 

住んでいるのは変わらず台東区(浅草の北)ですし、新拠点も台東区下谷(鶯谷のそば)なので、僕らはますます、LwP magazineやA-ROUNDなどを通じ、ヒガシ東京を盛り上げていこうとやる気マンマンです!

ついてはみなさん、今後ますますのご協力をよろしくお願いします!

みなさん、LwP asakusaと仲良くしていただきありがとうございました!
僕らが入るまで8年間空き家だったLwPも喜んでいたと思います。

LwP asakusaが利用していた「富士サンダル」の建物はこれからあと3年くらいは残り、
どなたかが利用する事になるのではないかと思います。

それではまた!

LwP asakusa
ihiro  imari



◎今後の活動
・ヒガシ東京の魅力情報を発信し、街に関わるキッカケを提供するWEBマガジン
「LwP magazine(ループマガジン)」 http://lwp-magazine.com/
 =>「東東京マガジン」 http://higashi-tokyo.com/ へリニューアル!

・創作場所を提供し、入居メンバーや地域事業者のコラボや支援を行うシェアアトリエ
「reboot(リブート)」http://www.reboot-iriya.info/

・現代の公民館 「SOOO dramatic!」@台東区・入谷 http://sooo-dramatic.com/

・奥浅草エリアの皮革製品を中心としたモノづくりフェスティバル
「A-ROUND(エーラウンド)」http://www.a-round.asia/index.html

・台東区のユニークな活動する人材を見える化し、横のつながりをつくる活動
「台東スタディーズ」http://taito-studies.weebly.com/

・以上のことなどを企画・実行していく「まちづくり会社ドラマチック」は下記。
http://www.drmt.info/


 
LwP1階よりお知らせ
新スペース!共同アトリエreboot(リブート)入居希望者「創る人」向け見学&説明会開催(参加者募集!)
LwP asakusaを企画・運営するまちづくり会社ドラマチックが新しいスペースを始めます。

その名も共同アトリエreboot(リブート)。「創る人」向けのシェア・アトリエです。
LwP asakusaやインストールの途中だビルでの経験を生かし、次のステップへ向けたスペースです。

今月の12/7,12/11に見学会&説明会を開催するので、アトリエやオフィスを探している方いらしたらぜひご参加ください!

共に良いコミュニティをつくり、おのおののプロジェクトを育てていく場所になれたと思っています。

今回は本当にすばらしい方々が審査員になってくださいました!
皆さんお忙しいところお時間をつくってくださり本当に感謝しております。(今回は審査制での入居者募集となります)



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 共同アトリエreboot(リブート)入居希望者「創る人」向け見学&説明会開催


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

reboot(リブート)はモノづくりやデザイン、アート、企画などジャンルを問わず「創る人」のための共同アトリエです。産業も街もreboot(再起動)していく、そんなコミュニティを台東区下谷から始めます。そのrebootの「入居希望者向け見学&説明会開催」を開催します。

■入居希望者向け見学&説明会開催
2013年12月7日(土)14時から16時
2013年12月11日(水)19時30分から21時30分


■申込方法
参加希望の方はhello@drmt.infoまでお名前、お電話番号、職種・職業、参加希望の説明会日程、聞きたい事(もしあれば)」をご記入の上、メール送付ください(予定の説明会後も個別に対応可能ですが、12/7 or 12/11への参加をご優先ください)

■アトリエ概要:
reboot(リブート)はモノづくりやデザイン、アート、企画などジャンルを問わず「創る人」のための共同アトリエです。産業も街もreboot(再起動)していく、そんなコミュニティを台東区下谷から始めます。

アトリエスペースの提供の他、柱を3つ予定しています。
1)イベント開催:アトリエショップ、トークイベント、展示会の開催
2)データベース作成:周辺地域のモノづくり会社、デザイナーなど仕事を依頼する上で役立つデータベースを協力してつくっていきます
3)ラボの開催:周辺の企業などと一緒に考えたり研究するテーマを決めた「ラボ」を期間ごとに立ち上げ予定です。企業さんを交え共にテーマについて考え、現時点の回答をそれぞれに出しながら、協業に発展したり、仲間をつくることを目指します。

また入居メンバー同士や周辺のクリエイター・お店などとの交流を積極的に実施するほか、
rebootの入居者を中心とし商業施設や百貨店、展示会などへの出店も予定しています。

今回の入居メンバー募集は審査制。審査員にソーシャルデザイン研究所(台東デザイナーズビレッジ村長)の鈴木淳さん、アッシュコンセプト代表の名児耶秀美さん、writtenafterwardsの山縣良和さんをお招きし、2度の審査(書類・面接)を通じ入居メンバーを決定します。創る仕事で食べていく・その事業で仕事を広げていくWILL(意志)とSKILL(技術や知恵)について選考させていただきます。



○アトリエスペースと共用スペース
各ブースは4.3平米・5.0平米・6.8平米の3タイプ。共用スペースは「作業や製作・ワークショップ」としてメンバーが利用可能なPROJECT ROOM(約30平米)と、「イベントや休憩場所・パーティー場所」として利用可能なLIVING ROOM(キッチン付、約30平米)があります。

なお、24時間365日利用OK、音だし・においも一定のレベルであれば大丈夫。ご自身のブースも好みのデザインにリノベーションしてOKです。共用スペースの利用方法や施設運営方針などは入居メンバーと話し合い決めていきます。

○立地:
地下鉄日比谷線「入谷駅」から徒歩1分、JR山手線「鴬谷駅」から徒歩6分、上野駅から徒歩12分の好立地。靴や革関連の問屋や店舗の多い浅草、アクセサリーパーツ・包装資材の問屋の集まる浅草橋界隈、厨房機器などが揃う合羽橋道具街もすぐの、モノづくりの街 台東区各所へのアクセスの良い立地。
なお、地下鉄日比谷線「入谷駅」からは上野駅は2分、秋葉原駅は6分、銀座駅は19分、六本木駅は28分、恵比寿駅は34分などと主要駅まで1本でいける便利な駅です。

rebootの近所には某人気雑誌のカフェ特集の表紙を飾る人気カフェ「iriya plus cafe」や国内外のバックパッカーに人気のゲストハウスtoco.(BARあり)、アートギャラリー、行列ができる人気飲食店もチラホラあります。また裏通りには戦火を逃れた古い建物が残り、路地があり下町の雰囲気が街には残っています。近年はマンションが建ちファミリー層も増えつつあるようです。

○募集対象者:
モノづくりやデザイン、アート、企画などジャンルを問わず「創る人」。ただし、表現や趣味にとどまらず、その仕事で食べていく、あるいはその事業で仕事を広げていく。そんなステージを目指す人、そのステージを更に高めていく人や会社が対象です。また本スペースではメンバー交流、イベント開催、周囲との連携をはかっていくので、交流やコミュニケーションをとることが好きな方のご応募をお待ちしています。

・所在地:東京都台東区下谷1-11-15 2階(日比谷線入谷駅から徒歩1分、山手線鴬谷駅から徒歩6分、上野駅から徒歩12分)

・利用料金:ブース▷31500円(約4.3平米)36500円(約5.0平米)49500円(約6.8平米)の3タイプ・固定デスク ▷18000円、それぞれ共益費3000円、水道光熱別途、入会金 50000円、保証金なし

・募集数:ブース10部屋、固定デスク5席

・設備など:24時間365日利用可能、作業や製作、ワークショップができるPROJECT ROOM(30平米)、休憩や食事・イベントができるLIVING ROOM(キッチン付・30平米)、空調、インターネット、各ブースに電源、エレベーター、手洗いなど(電話回線は各自契約)
・公式サイト:http://www.reboot-iriya.info

○応募要項、審査スケジュールなど詳細や最新情報はホームページ(http://www.reboot-iriya.info)をご覧ください。

○公式サイト:http://www.reboot-iriya.info
○FACEBOOK: https://www.facebook.com/reboot.iriya
○主催・アトリエ企画運営:まちづくり会社ドラマチック http://drmt.info
○お問い合わせ:まちづくり会社ドラマチック
  電話:090-9370-7804 FAX:03-6231-7612 MAIL: hello@drmt.info (担当:今村)


 
イベント予告
「台東スタディーズ2・ファイナル」終了!東京新聞さんへ掲載いただきました!
先日11/30(土)で無事、「台東スタディーズ2・ファイナル」終了しました!
すばらしいゲストと良いお客さんのおかげで大いに盛り上がりましたー!

今まで私達が開催していた隅田川ジャンクションは1組のプレゼンターは6分ほどで話してもらっていたのですが、
今回の台東スタディーズ2・ファイナルのプレゼンターは15分話し、15分のQ&Aという形でお送りしたので、
みなさん余裕をもってお話いただき、私も時間にあせることなく、楽しくイベントを進行することができました。


当日の様子の写真は別途アップするとして
今日は、11/29(金)に
東京新聞さんに掲載いただいたので、そちらをシェアします。

コンビニで新聞買ってそのときに写真撮ったものですので、
歪んでおりますが。。ご了承ください。



本文は下記からもご確認いただけます。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20131129/CK2013112902000117.html

イベント出演いただいた

「谷中ベビマム安心ネット」を矢嶋桃子さんや、「SAVE THE銭湯」田村祐一さんシェアハウス「なってるハウス」を運営する広沢哲さん、トートーニーの神田沙耶香さん、「東京マサラボーイズ」の名前も掲載され、うれしく思いましたー!!

東京新聞さんありがとうございました!




<オフィス・アトリエメンバー募集>

◎共同アトリエreboot(リブート)「創る人」入居者募集@台東区下谷
ポートフォリオ審査(2014年1月10日 応募締切)
http://www.reboot-iriya.info/

◎築54年の元サンダル問屋のシェアオフィス“LwP asakusa”@浅草
http://lwp-asakusa.com/

◎駅前アートビル・共同アトリエ "インストールの途中だビル"@品川区中延
http://install-bldg.weebly.com/
イベントレポート
【全ゲスト確定!】11/30(土)開催!『台東スタディーズ2・ファイナル』〜台東区のこれからを面白くする人たちが集う1DAY・PARTY〜【参加者募集】
JUGEMテーマ:イベント情報
 
8/21(水)9/18(水)10/16(水)と3度開催してきた台東スタディーズ2【ブレスト編】が終了!
いよいよ11/30(土)に【台東スタディーズ2・ファイナル】を開催します。

本当にたくさんの方々の情報(約40組!)が、ブレスト編を通じ集まったのですが、
この【台東スタディーズ2・ファイナル】ではその中から珠玉の8組に会場にお越しいただきます!そしてトークとパフォーマンスを行っていただきます。

8組のみなさん、本当に素敵な方ばかり。
台東区でこんな人達が活動しているのかと、知れば知る程、嬉しくなるばかりです。


以下、詳細!
ぜひお友達・ご家族お誘いの上、遊びにいらしてください。


*この写真は昨年の台東スタディーズのファイナルイベント@東京キネマ倶楽部の様子です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
『台東スタディーズ2・ファイナル』
 
ー台東区のこれからを面白くする人たちが集う1DAY・PARTYー
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□日時:11月30日(土)14時から21時半

□会場:reboot(台東区下谷1-11-15 2階、LwP iriyaアトリエから名前を変更予定)
http://goo.gl/maps/uawF3

□最寄り駅地下鉄 日比谷線 入谷駅徒歩1分、JR山手線 鴬谷駅徒歩5分

■ゲスト(敬称略・順不同):

○松村 純也(旅ベーグル) http://www.tabibagel.net/
台東区谷中のベーグル専門店「旅ベーグル」店主。同時に出版ユニット「TABI BOOKS」主宰として、ローカルな視点に根ざし、その素朴な日常にあたたかな光を当てる作品をリリースしている。

○矢嶋 桃子(谷中ベビマム安心ネット)http://yanakababymom.com/
地域密着型子育て支援活動のほか、谷中のヒマラヤ杉(ミカドパンそば)の守る活動などもされています。赤ちゃんを背負いながらフットワーク軽く何でもこなすその姿はスーパーお母さん。とてもパワフル&センスよく、素敵なイベントやプロジェクトをプロデュースされています。あの動き方、タダ者ではありません。(今村談/後日正式なプロフィールを掲載します)

○稲葉 大明(FUNDAMENT)http://www.fundament.jp/
蔵前のタイガービルに拠点を構えるアートディレクター。デザイン性だけでなくユニークな発想や企画を広告やコミュニケーションに取り込みアートディレクターにとどまらない役割を担っています。実際の制作された映像やプロモーションを見たら、「クスっ」「ふふっ」とせずにはいられないほどエスプリがきいています。こんな素敵な方が台東区にいるなんて!と嬉しくなる方に出会えました。(今村談/後日正式なプロフィールを掲載します)

○廣沢 哲(なってるハウス)http://members.jcom.home.ne.jp/knuttelhouse/
アパートの部屋のそこかしこで楽器を練習する音が聞こえる。
夜になると、どこかの部屋でセッションがはじまる。
これは尺八奏者としても活動している杉沼オーナーがNY在住中、 同じアパートに住んでいた某有名ミュージシャンから聞いたデビュ ー前の生活の話です。「なってるハウス」は日本でも同じように「 ミュージシャンが集まり切磋琢磨する場所」を目指して「 楽器練習の出来るシュアハウス」 として2000年6月より営業しています。
わたくし(廣澤) は2001年より1Fのライブハウス店長として就任、 2005年ごろからシュアハウス部の管理も任されています。
シェアハウスHP
http://www.shareknuttelhouse. jp/
ライブハウスHP
http://members.jcom.home.ne. jp/knuttelhouse/

○権頭真由 佐藤公哉 園田空也(表現(Hyogen)) http://sound.jp/hyogen/
(以下は表現(Hyogen)のホームページのプロフィールを引用しています)
4つの身体、4つの楽器による音楽の箱舟。
権頭真由 (acc/vo)、佐藤公哉 (vn/vo)、古川麦 (gt/vo)、園田空也 (cb/vo)

2005年東京藝術大学に発足。即興演奏を下敷きとした作曲を特色とし、「未知の故郷が見える」と賞される音楽性でライヴハウス、ホールはもとより美術館、ギャラリー、寺社、教会、古民家、古書店、野外など多彩なスペースで演奏を行う。 人や空間と共鳴しながら音を紡ぐ力に定評があり、ダンス、建築、詩、写真、映像、花、演劇等とのコラボレーションも多い。 現在音楽の土壌、歌われる物語の舞台として架空/実在の島を描く『琥珀の島』を、美術、舞台芸術などの領域を含めたプロジェクトとして推進。 2012年秋に粟島アーティスト・イン・レジデンスの協力の元、香川県粟島の各所にてレコーディングを行い、アルバム『琥珀の島』を制作中。 2013年秋期の瀬戸内芸術祭に参加予定。

○田村 祐一(日の出湯・SAVE THE 銭湯) http://savethe1010.com/ http://hinodeyu.com/
1980年12月生まれの32歳。東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。大学卒業後、家業である有限会社日の 出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。2012年5月より創業の地である浅草日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。

○神田沙耶香(トートーニー) http://toe-to-knee.com/
1979年富山県生まれ。2000年 秋田公立美術工芸短期大学木材工芸コース卒業。 フィッティング販売をはじめ、製造、問屋、修理などの靴業界の各流通分野に携わる。2012年より靴型紙師 木越謙藏氏に師事。トートーニー【toe to knee】としてオリジナル革製品の製作開始。


■フードゲスト:

○東京マサラボーイズ
http://tokyomasalaboys.tumblr.com/

トーキョー・マサラボーイズは高木慎太郎と初見憲による週末だけのカレーユニットです。少人数のホームパーティーから各種イベントへのケータリングなどご都合に合わせて本格的なスパイス料理をご提供いたします。LwP asakusaに毎月第3土曜日に出店。


*この写真は昨年の台東スタディーズのファイナルイベント@東京キネマ倶楽部の様子です。


□入場料1000円(途中入退場OK、飲食代は別途)

□概要

上野、浅草をはじめとした台東区は観光地や下町として知られていますが、実はそれだけではありません。
台東区には新進気鋭のモノづくり、デザイナー、アーティスト、市民活動、お店などドキドキするようなアイデアを持つ人たちや、ユニークな活動がたくさん集まりつつあります。

「台東スタディーズ2」ではそういった活動を「見える化」することを目指し、8-10月の3度のイベントにおいてジャーナリストやデザイナーなど9組のゲストからなんと約40組(!)の情報が集まりました

その中から珠玉の8組にトークやパフォーマンスのゲストとして出演いただくイベントが、「台東スタディーズ2・ファイナル」です。ぜひ遊びにいらしていただき、台東区の持つクリエイティブパワーを肌で感じ、同じ場に居合わせた方同士が交流を深めていただける機会になれたらと思っています。

会場はLwP asakusa(るーぷあさくさ)やインストールの途中だビルを手掛けてきた、まちづくり会社ドラマチックが新しく立ち上げる、産業・街の再起動を目指す共同アトリエ“reboot”(リブート)です。

□タイムテーブル *当日の進行により前後する場合があります
14:00-14:20今回の台東スタディーズ2の振り返り(今村)
14:20-14:50ゲスト‥賃射完貉瓠SAVE THE 銭湯・日の出湯)
15:00-15:30ゲスト 廣沢哲氏(なってるハウス)
15:40-16:10ゲスト 矢嶋桃子氏(谷中ベビマム安心ネット)
16:10-17:30ティータイム(交流パーティー/ライブ:権頭真由 佐藤公哉 園田空也(from表現(Hyogen))
17:30-18:00ゲスト 稲葉大明氏(FUNDAMENT)
18:10-18:40ゲスト 松村純也氏(旅ベーグル)
18:50-19:20ゲスト 神田沙耶香氏(トートーニー)
19:30-21:30ディナータイム(交流パーティー

トークではゲスト6組がそれぞれの活動を各“15分”ほどでお話頂き、会場からの質問に受け答え頂きます。3組のトーク毎にティータイムやディナータイムで交流を深めるトークイベントとなっています。


◎協力(敬称略・順不同):

宮崎晃吉(建築家/HAGISO代表)、西田陽介(上野経済新聞 編集長)、林きょうこ(Coquette/SPEAK EAST!発起人)、徳永勝也(クラフトバンク代表 SHOES&BOOTS BRAND「Rolling dub trio」デザイナー)、加藤孝司(デザイン・ジャーナリスト)熊倉純子(東京藝術大学 教授)、鈴木淳(「台東デザイナーズビレッジ」村長/モノマチ発起人)、新田 あゆ子・まゆ子(菓子工房ルスルス)

○主催:まちづくり会社ドラマチック http://drmt.info
*平成25年度台東区芸術文化支援制度対象企画*

○問い合わせ:まちづくり会社ドラマチック
電話:090-9370-7804 FAX:03-6231-7612 hello☆drmt.info(☆を@に)(担当:今村)


◎お申し込み◎

下記フォームよりお申し込みください。フォームがご覧になれない方はお手数ですがメールにて下記内容を記載の上、ご連絡頂きます様お願いします。(メールアドレス:hello☆drmt.info ☆は@にしてください)

・ご記載内容:
-お名前
-メールアドレス
-参加者全員のお名前
-普段の活動(仕事、プロジェクト、趣味の活動など)を教えてください。



 
イベント予告
【11/19-12/25開催!】LwPメンバーiroha-niの個展【THE BOTANICAL LINES.】@KONCENT開催!アッシュコンセプトさんとの商品コラボをきっかけに。(11/22オープニングパーティー開催)
LwP asakusa2階はシェアオフィスになっていて、メンバーはLwPを運営するまちづくり会社ドラマチックのほか、フォトグラファーのゴッティンガムの杉山さん、イラストレーターのiroha-niの国重さんという素敵なメンバーのシェアオフィスになっています。

みんなで食事しにいったり、談笑したりとユルい関係が心地よいシェアオフィスなのですが、
今日はそんな、LwP2階のシェアオフィスからお知らせ!

前述のイラストレーターのiroha-niの国重さんがこの度、個展を開催しています。
しかもただの個展ではありません!

なんと、アニマルラバーバンドやカップメン、カオマルなどのデザインプロダクトのプロデュースやデザインコンサルトの雄、「アッシュコンセプト」さんとのコラボ!!わー!すごいー!!!


今回の個展では、コラボして製作した新商品のお披露目と、原画と新商品の展示を今週の11/19(火)から12/25(水)までで開催しているようです。

国重さんやアッシュコンセプト代表の名児耶さん、製作にかかわったデザイナーの皆さんのトークイベントもある「オープニングパーティー」は明日11/22(金)18:30−21:00で開催です!!

ぜひ皆さん、遊びにいってみてくださいね!

以下、イベント詳細!!


【THE BOTANICAL LINES.】2013 Christmas Exhibition

期 間:2013.11.19〜12.25

場 所:東京都台東区蔵前2-4-5 KONCENT SHOP

時 間:11:00-19:00月曜定休(祝日の場合は営業します)

今回の展示では[THE BOTANICAL LINES.]と題しまして、オリジナルブランド「+d」を展開するデザインメーカー「h concept(アッシュコンセプト)」さんとのコラボレーションプロジェクトを発表いたします。

国重が描いた野菜やクリスマスツリーのモノトーン細密線画の絵を、h conceptがオリジナルカラーに彩色、印刷、額装し、[THE BOTANICAL LINES.]シリーズとして販売いたします。またオリジナルの原画も同時に展示・販売いたします。

このプロジェクトは、絵を気軽に部屋に飾ってもらいたい、手に取ってもらいたい!との思いから実現しました。
原画は[THE BOTANICAL LINES.]シリーズ以外にも過去の作品から新作も含めて展示いたします。

22日にはオープニングパーティとトークショーを開催します。トークショーでは今プロジェクトの誕生ストーリーに迫ります。
お近くにお越しの際には、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。

【オープニングパーティー】
11月22日 18:30〜21:00

【トークショー】19:00〜
国重直子、h  c o n c e p t 代表 名児耶 秀美、h  c o n c e p t デザイナー 藤田 吏 ・戸村 夏佳

フード:岡部まり(saji de scoop)

【在廊予定日】

11月19・22・24・30日 12月07・14・21・25日

iroha-ni WEB: http://www.iroha-ni.com/
KONCENT:http://realshop.koncent.net/?eid=125



【LwP asakusa今後の予定】
11/23(土)浅草そうじ@LwP asakusa
11/23(土)おかしとベーグルの店 hareruhi開店
11/30(土)台東スタディーズ2・ファイナル http://lwp-asakusa.com/?eid=408
シェアオフィス


より大きな地図で LwPasakusa を表示